漫どころ劇場No.273

No.273「お世話になりました」

150913_1.jpg
No.174より●


そもそも
いきなり同居してきた動機が
あまり よく わからない
ので、
漫所先生としては
いい迷惑だったことでしょう。


“勢い”

っていうやつ なんですかね。
教子担当のことだから。


正直、作者の僕も
彼女の同居動機が
あまり説明できないので
ホント、謎で ございます。



そんな教子担当ですが、
今回で漫所家を退去と いうことに…


退去のタイミングも唐突ですが、
これも彼女だからこその
“勢い”という感じ なのかと。

150913_2.jpg
●「帰る」と聞いた瞬間●


大歓喜の表情ですね。


そりゃそうです。

なにしろ これで
今まで我慢していた
エッチなやつを
思う存分 見れるわけですから…



いやいや!

今までも かまわず
見てたじゃん!
とお思いでしょうが、

150913_3.jpg
●今まで●



多分、
レヴェルが
違います。


150913_4.jpg
●退去後のタイトル●



パッケージからして
激辛の様相ですから…


そりゃ赤飯にも
なるわって話で。



…と、漫所先生の反応は
まぁともかく…


物語的には
望ちゃんの反応のほうに
むしろ注目、といった
ところに なりますね。
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング