【門司港観光】東京-九州は鉄道で一応行けるけど…

埼玉県(首都圏)から九州に行こう!と考えると…


…そういえば東海道新幹線って「博多行き」だったよなぁ、と思いまして…

新幹線で行く事に
●新幹線で行く事に●

実は僕、海外には行ってるくせに本州から出るのは この時が初で ございまして ですね…


…よくよく調べてみると新幹線で東京から博多って5時間くらい かかるのを、迂闊にも後から気付きました…


軽く飛行機で海外へ向かうレベルの時間を、新幹線で乗り通すのは どうなの?ということで…


今回は2022年に九州に旅行に行った際に利用した、往路の鉄道 及び復路の飛行機の比較レビューみたいなのをレポートしようと思います。


もはや平然と2年前の事を新規に扱っちゃいますが、そこまで隔世を感じる程の事では ないと思いますので気にせず楽しんで頂ければと…



さすがに新幹線5時間はキツイ

しょっぱなから結論を言ってしまいますが…


…やはり、新幹線で5時間 乗り通すのはオススメし難いモノが あるかなーと…


なにしろ ただただ座り続けているだけで、撮れ高すらも なかったものでして…
一本ならいいってもんじゃない
●一本ならいいってもんじゃない●

東京から博多まで1本で繋がってしまったのは あくまでも運用上の都合で あり…


乗り通す需要を そこまで重視して想定は してないと思いますね、多分…


と、いうわけで東京から博多まで一本で行けちゃうじゃん!というノリで乗ると結構 懲りる確率が高いと…


ある意味スゴイとは思うんですけどね、東京駅で「博多行き」を見られるインパクトっていうのは…


ただ実際 実用では どうかというのは別問題と いうことで…

お馴染み ひよ子
●お馴染み ひよ子●

ところで、ひよ子って東京の銘菓という認識でしたが実は元々は博多発祥らしいです。ここで初めて知りました。


基本的には同じモノらしいんですが、若干ふっくら感が違うとか…?

レトロな鉄道風景が楽しめる門司港

小倉で下車
●小倉で下車●

さて、実は今回 厳密には終点の博多までは乗らずに小倉で新幹線を下車しました。


鉄ヲタの九州旅行としては、いきなり博多に行く前に やはり是非 行ってみたい所が ありまして…
もじこう
●もじこう●

と いうわけで やってまいりました、門司港駅で ございます。

小倉駅からはフツーの在来線で3駅、15分程度で到着するので この旅程で ここに寄らない手は ありませんでした。


まず早速、ホームの屋根の装飾や駅名板の自体とかが あえて昭和チックに なっているのが 何といっても撮れ高ポイントと言えますでしょう。
しぶき映える駅舎
●しぶき映える駅舎●

加えて駅舎も最近 復元したばかりだそうで、文化財にも指定されているそうです。


駅前には噴水も ありまして つねに噴き出してるわけでは ないみたいなんですが、画的には出てるタイミングを狙いたいところですね。
門司港駅で描くヒト
●門司港駅で描くヒト●

駅舎内にはスタバが入っているので、執筆がてら ちょっと小休止も…


スタバは こういう遺構を活かした店舗を展開するのが上手いですね。

「こんなところにもスタバが あるー!」って反応が狙い通りにウケてると思います。


駅と いうことで、歴代ロゴマークが列車のヘッドマーク風に飾られているというイメージなんですかね。
後世に遺すべき便所
●後世に遺すべき便所●

トイレとかにも いちいち貴重な遺構が残されているそうで、なんだか汚すのも烏滸がましい気持ちに なりますね…


…と言って用を足さないわけにも いかないので、謙虚な気持ちで使わせて頂きました。

九州の記念的車両がズラリ
●九州の記念的車両がズラリ●

そして門司港駅から徒歩で10分弱くらいのところに あるのが、「九州版てっぱく」たる存在と いえる九州鉄道記念館。

まーぁ ここまで来て鉄道ファンなら当然 見に行く場所でしょう、ええ。


展示詳細は実際に見に行ってもらえれば いい話なので、ここでは割愛しますが、国有化されて国鉄になる前の「九州鉄道」という会社の本社屋を利用しているそうで、九州の鉄道の歴史たる所と 言えそうですね。
北九州銀行レトロライン
●北九州銀行レトロライン●

この他 近くには こんなトロッコ列車も…

休日限定で門司港から さらに関門橋に迫った所まで運行されている観光列車のようです。


名前に「銀行」が入っていたり、この路線を使えば関門トンネル人道と併用して徒歩で関門海峡を渡ってアクセスできそうだなぁとか、マニア的には掘り下げると面白そうな路線では ありますね…

やはり遠かった博多までの道のり

門司港駅のミッドナイト
●門司港駅のミッドナイト●

さて…

夕暮れも綺麗なので ついつい暗くなる時間帯まで滞在してしまった門司港観光ですが、このあとは博多へ向かいます。


ホテルは博多に取っていますのでね…
鹿児島本線の博多行き
●鹿児島本線の博多行き●

門司港から小倉を経て、博多へ向かう…イメージとしては どうでしょう?


僕みたいな他所者からしたら新幹線では小倉から博多なんて1駅だから、近いだろう!と思いがちだったり…
車内
●車内●

…ところが どっこい、現実を知ると それは とんでもないと…!


距離にして78キロ…僕の地元の東武東上線より ちょびっと長い。

所要時間は乗った電車にも よりますが大体1時間半くらい みておいたほうが よろしいかと…


一応こういう座席には なっていますが…長時間は思いのほか、疲れると思います。


新幹線も そうでしたが、鉄道での博多までの道のりはイメージ以上に遠いと…そういうこと でしょうかね…

復路はさすがに空路で帰る

そんなわけで、往路は東京から新幹線1本ぶっ通しで九州に上陸したのを ちょっと懲りたわけなんですが…


さすがに復路は最後に滞在する長崎から、鉄道だけで埼玉まで帰るのは現実的に どうかしてると自分でも事前に想定していたので、飛行機を選択しました。
カトリックな長崎空港
●カトリックな長崎空港●

海外には いくらか行っているくせに本州を飛び出したのは今回が初めての僕ですが、同様に飛行機の国内線への搭乗も今回が初です。


国際線から慣れていると、国内線に乗るのは色々検査等が比較的ラクだと感じますね。

液体物の制限とかが、やはり国際線のほうが厳格なので…
今回乗る機材
●今回乗る機材●

今回 利用しましたのは、peach。LCCですね。


国内線も初ならLCCも初なんですが、個人的には特に何か落ち度が あるとか そういう事は なかったように思います。
必要十分な空の旅
●必要十分な空の旅●

そんでもって長崎から成田まで、お値段 たったの13730円

所要時間は約2時間。


価格も時間も、鉄道の3分の1くらいじゃないのかコレは!?


そりゃこっちだわって思いますやね、鉄道をヲタク的に楽しみたいとか そういう理由で なければ…


交通網の競争力と奥深さを感じました。
一見 羽田と見間違う車両
●一見 羽田と見間違う車両●

僕も写真を漁ってて羽田利用だったかな?と一瞬 混同しましたが、この時は成田利用です。車両が京急だっただけです。


都営浅草線を介する京成&京急は まさに東京のアクセスラインですね。

成田空港~羽田空港を1本で行き来してるので…所要時間は ともかく…

と いうわけで

そんなわけで、1日で一気に東日本から九州へ向かう場合は飛行機のほうが現実的だと思いました。

値段も経路に よるかもしれませんが、飛行機のほうがコスパがよさそうです。


また もしかしたら あくまでも予想ですが、福岡だけに拘らずに佐賀空港を狙うと いうのも案外 穴場だったりするような気もしますね…


しかし、鉄道は鉄道で今回 紹介した門司港観光とか鉄道ならではの良さも ありますし…


東日本から鉄道を利用する場合は、1日で一気に博多まで行こうとせずに あえて途中の関西だったり山陽だったりを途中下車宿泊観光するとか…


そういう工夫をすると満足度が高い旅に なるんじゃないかなぁと思いますね、ハイ。
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

Comment 2

There are no comments yet.

aozoratenki2

「ひよ子」の認識 おや?なぜ東京にあるんだ?
というのが正直 福岡ー広島に挟まれた山口の人間の考えるところです
山口はTV福岡放送はじめ福岡の影響下にあります
当然「ひよ子」は九州の「ひよ子」です 九州モノ多いです

ところで「もみじまんじゅう」は東京のモノだって認識は?
(^o^)

  • 2024/03/20 (Wed) 08:34
  • REPLY

Mr.よっしい

Re: タイトルなし

aozoratenki2さんへ

ブランド名がもう「東京ひよ子」で浸透してるみたいなんですよね、こっちでは…
http://www.tokyo-hiyoko.co.jp/
なので、首都圏界隈では広く知られている お菓子で なおかつ東京銘菓として認識されていると思われます。

もみじまんじゅうは さすがに「広島のお菓子」だと言われているので、これは全国的に広島銘菓だと認識されているのでは ないかと…

Mr.よっしい