【ケツにカメラを突っ込む】大腸内視鏡検査を検便で陽性になったから受けてみたレビュー

まぁ早い話が お腹の中に何か異常が ないか どうかを知りたいならば、直接カメラ突っ込んで見るのが一番確実じゃん!という…


そういう話ですね、ハイ。
こういう話
●こういう話●

大腸カメラ、大腸ファイバーとも言われる…こういった肛門からカメラを挿入するプレイ検査を受けるのは、わたくし初体験で ございましてですね…


比較的 回数を こなされてて そんな何を今更 大したことは ないよ、というベテランプレイヤーの方々も多いのかも しれませんが、僕の周りでは親も含めて全くの未体験ゾーンな世界でしたので…


今回 実際に受けてみましたので、そのレポートをお送りしたいと思います。



きっかけは検便

一応 僕の通っている会社でも毎年 健康診断と いうものを やっておりまして…

僕も通ってる以上、受けるわけですね。


…で、その結果…

なんか“G”がある
●なんか“G”がある●

便潜血検査…いわゆる検便ですが…


ストレートに言いますと、うんちに血があったから精密検査してくれと。マジか…!


…ぶっちゃけ僕こういうの不真面目なので検査、しれっと忘れて時とともに過ぎ去り流してしまおうとか企んでたんですが会社の総務担当の人からも、

総務の人
総務の人
検査、受けて下さいね!
と…


すでに僕の個人を握られてしまっているので…


行くしかねぇか…

医者と腸内撮影の打ち合わせ

と、いうわけで早速しぶしぶと消化器内科を尋ねまして…


ドクター
ドクター
よし!
そんじゃあ早速、尻にカメラを突っ込んでみようか!

と いうことは さすがに なくてですね、とりあえず打ち合わせ的な検診と言いますか…


…実は僕も自分で便の血に心当たりが ありまして、出すときに硬くて肛門から出血しちゃってた頃合いだったのですよ、ちょうど検便の時…

実際に そういうパターンも多いらしいです。


ただ検便で引っかかった後の次のステップとしては、基本的には もうカメラ突っ込んでみるしかないと…


…まぁ僕もね、いくら気持ちは永久に14歳だと自称してても体のほうは順当に加齢が蓄積されたオッサンですので…

ドクター
ドクター
まぁそうことで、
この際だから…やってみて?

と いうふうな感じで、想定通りに大腸検査を受ける運びと なりました。


結構それなりの人員を要する大掛かりなモノでは あるので、検査自体は後日に予約です。

検査前夜

大体 胃腸系を伴なう健康診断の常で、検査前日から下準備的な事を しなければ いけないわけでして…


まぁ夕食は食べるのは いいけど夜21時までに済ます事、それ以降は検査終了まで断食だったりとか…


あんまりガッツリと いうのも多分よくないんでしょうね…あとは消化しづらい物は避けるとかね。

例えばコーンとか ひじきとか…あの手の奴は残りがちなことで お馴染み ですからねぇ…

そして当日、検査前に

検査自体は午後なので、まーぁ のんびり ゆっくり備えましょうかねぇー…


…と、いうわけにも いかなくて ですね…


そう、朝の自宅にいる段階から すでにプレイは始まっているので あります。
ニフレックという薬
●ニフレックという薬●

前日の段階から色々薬も飲むんですが、最たるモノはコイツでしょうね…


これは最初 粉状に なっているので、説明書通りに前日の内に水をひたすらシェイクシェイクして作っておきます。


結構 根気よく やらないと溶け切らない感じなので、頑張ってシェイキングしておきましょう。

シェイクしておいた薬を いざ実飲
●シェイクしておいた薬を いざ実飲●

で、これを2リットル。


しかもコップ1杯ずつを10分くらいの感覚で飲み続けるというプレイを こなさなければ いけません。


ちなみに味のほうは「ポカリを不味くした感じ」と聞いておりましたが、個人的には そこまで拒否りたくなるほどのモノでは なかったと思っています。

美味くも なかったですけども…

単刀直入なイメージ
●単刀直入なイメージ●

要はコレ、腸管洗浄剤でして…


これを何回も飲んで、何回も腸内を流して綺麗にするわけですね。

下痢便とは違い、結構スムーズにシャーッって流れ出ます。


ていうかスムーズ過ぎて、油断してると漏れちゃうレベルでして…


こうなると このプレイ中は もはや いっそのこと、

  • トイレに籠ってゲームをしてるか
  • おまるに座って執筆をしてるか

の どちらかしか できないんじゃなかろうかと…


…まぁそれは言い過ぎとしても、トイレは いつでも すぐ行ける体制には しておいたほうが よさそうです。


あと、ウォッシュレットの活用も是非とも推奨します。拭きすぎて かえって痔になるんじゃねえかと いう勢いなので…


…と いうわけで この一升瓶ほどの量の薬を、コップで ちょこちょこ飲んでは出すというのを2時間以上じっくりかけて行なうわけで ございまして…


むしろ検査自体よりも こっちのほうが大変だわっていう方も多いみたいですね。

いよいよ肛門からカメラを突っ込む

こうして朝から時間をかけて腸をスッキリ洗浄して準備も万端、

いよいよ検査に挑むべく病院へ参ります。


ちなみに人によっては検査時に鎮静剤の使用を選択することも できるらしいんですが、その場合は自分で車を運転しての来院は できない事に なります。飲酒運転みたいな事になっちゃうので…


僕は どのみち車は使わないので、どっちでも よかったんですが…


ただ初体験で あるのなら、むやみに薬に頼らずに とりあえず試してみて?との事なので僕は今回 鎮静剤抜きでバージン・プレイに挑みますよ。

こんなパンツに着替える
●こんなパンツに着替える●

これは普通の社会の窓、では なくて ですね…


そう、これは お尻を開けるための窓なんですね…裏社会の窓です。


こんなパンツが あるんですね…ドンキでも さすがに見たことないな…まぁこの検査以外では需要は ないか…
大腸検査紳士の着こなし
●大腸検査紳士の着こなし●

上着も病院で患者さんが よく着ているイメージのアレに着替えまして…


あと検査の前に一発 筋肉注射を打ちますので、苦手な人は一応 覚悟を決めておく必要が あります。


腸の緊張を ほぐすためのモノらしいので、軽めのヤツだとは思われますけども…


…と、いうわけで、いよいよ大腸内視鏡検査…プレイスタートで ございます!

おそらく こんな感じでやってる
●おそらく こんな感じでやってる●

スタッフさんは4~5人体制で全員女性。

歳の割には剥げてますねと言われる僕の頭髪も、それ以上のモノも、全てを露わに晒してしまう…!という羞恥心は もはや なく、ただただ緊張です。


まずは一気に最奥(小腸の手前)まで一気に挿入。約1、2分で到着します。


実際に そこを見てませんが、多分まず肛門をペンチ的なやつで広げて固定しておいて、それごしに紐上のカメラを出し入れしてるんでしょうね。

なのでカメラを動かすたびに肛門も擦れるとか、そういうのは ありません。
カメラが便意を煽ってくる
●カメラが便意を煽ってくる●

そして今度は ゆっくり診ながら、僕の腸内をLIVE動画撮影しながらカメラを腸から引きずり出していきます。


で、やられてる感覚なんですが…

痛くは ありません。


ただ、「下痢うんちが出ちゃう」という感覚と いいますか…


大腸にモノがあると、そういう信号が脳に発せられる構造に なってるんでしょうかね。

Mr.よっしい
Mr.よっしい
あああ~、
出るぅ~…


Mr.よっしい
Mr.よっしい
でも実際には出てないぃ~、
ていうか出すモノが存在しないぃ~…


Mr.よっしい
Mr.よっしい
出すモノが無いのに
出そうだなんて○×▽□★@#~…

…という脳みそコンピューターがバグってしまったかのような…


そんな変な感覚では ありました。

腸内動画LIVEは見れる
●腸内動画LIVEは見れる●

検査中は一応 自分で自分の腸内のLIVE映像は堪能できますが…


見たいような、見たくないような…


で、カメラを引きずり出し切ったら検査終了。


実際に検査にかかった時間は大体15分前後くらいでしょうかね…割と あっさりです。


まぁこんなの、長時間かかったら たまんないですからね…

結果発表

もうLIVE動画を診ながら やってるんで、とりあえず その場でも すぐ わかるわけで…


結果は至って正常と。


粘膜も綺麗で、ポリープとかも無かったみたいです。


ちなみに ちょっとしたポリープは その場で切除されるみたいなんですが、その場合は しばらく数日は お腹に負荷かけるような行動は控えて下さいとの事で…


実際に切除したらしい僕の前のシニア患者の方が、

ポリープ取られた患者さん
ポリープ取られた患者さん
タ、タバコは…

タバコは いいのか…!?


ポリープ取られた患者さん
ポリープ取られた患者さん
酒は…

明日からなら いいのか…!?


ポリープ取られた患者さん
ポリープ取られた患者さん
ていうか…

少量なら いいのか…!?


と、まぁ…


やめるのが いいと思うと、僕も看護師さんも言いたくて しょうがなかった感じだったんですが…


ポリープの有無で結構 雲泥の差になりますね…

無かった場合は特に何事もなく普通に帰れます。


後日の最後の検診の際も、多分この時に撮った動画を改めて診てるんだと思いますが特に問題なしと いうことで…


これで無事に検査完了しました。よかったです。

と いうわけで

まぁ…

気持ちのいいものでは ないですやね…できれば そうそう やりたくはない…


ただ副次的なメリットしては、腸内洗浄ができるので それはスッキリするかなと…


それと元々懸念していた肛門の出血ですが、これも検査でカメラを突っ込む際に なんか塗った潤滑剤?みたいなものの効能が検査後も続いているのか改善した感じがします。


あと大腸のルートと いいますか動線の構造と いいますか…

洗浄・検査を通して、それを深く理解できたような気もしますね。


そこそこ大掛かりな検査なので、皆が皆ホイホイやったほうがいいよ!と いうわけには いかないと思いますが…

個人的には今回は どこも悪くなかったし、良き結果体験に なりました。ブログネタ的にも…


と、いうわけで皆さんも腸は是非とも大切に してあげましょう。
関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

Comment 0

There are no comments yet.